2019. Apr. - Jun.

TOKYO STATION GALLERY

EN

2019. Apr. - Jun. TOKYO STATION GALLERY

2019. Sep. - Oct. ITAMI CITY MUSEUM OF ART

2020. Apr. - Jur. MUSEUM OF MODERN CERAMIC ART, GIFU

ルート・ブリュックのビジュアルブックを制作しています。2

ビジュアルブック制作の進捗をお伝えするコラムです。進捗をお伝えするつもりが、気づけばあっという間に時は過ぎ、早くも入稿(原稿を印刷所にわたすこと)を目前に控えています!

この日、10月18日はブリュックのお誕生日。差し入れのケーキで102回目のバースデーをお祝いしながら、原稿を確認したり、ブリュックの年表や作品データをどんな風にページに収めるかを相談しました。

ページのレイアウト(デザイン)ができあがったら、プリントアウトして本のサンプルのようなものをつくります。それを手に取ってパラパラと眺めていくと、本全体のリズム感やパソコン上では分からなかったようなことが体感できます。

「この章とこの章の順番は変えたほうがいいね」

「全キャリアを通して、作品の流れがわかるといいですね。ブリュックは多彩な作風を生み出したから、それがどの時代のものなのか知りたい」

などなど、色々な意見を言いあったり、周りの人にも意見を聞いたりしながら、全体を見直し、磨き上げていきます。

実際、ブリュックは1940年代から1980年代のあいだに、実に多彩なセラミック作品をつくりました。たったひとりの作家が生み出したとは思えないような表現の幅広さ、イマジネーションの豊かさに驚かされます。そして、その壮大な世界にすっかり魅了されてしまった私たちは、作家と作品についてもっと知りたくなって、フィンランドを訪れ、作品に触れ、家族に話を聞いてきたのです。

さらに日本では、ブリュックに関心を寄せるクリエイターたちを尋ね、印象を自由に語ってもらいました(これからまたご紹介していきますね)。この本は、そのようにして集めた言葉たちと、そこにリンクする100点近くの作品、そして取材の文章と写真で構成する、とてもユニークなビジュアルブックになる予定です。

さあ、完成まであとひと息です。(BlueSheep)

Share this article