2019. Apr. - Jun.

TOKYO STATION GALLERY

EN

2019. Apr. - Jun. TOKYO STATION GALLERY

2019. Sep. - Oct. ITAMI CITY MUSEUM OF ART

2020. Apr. - Jur. MUSEUM OF MODERN CERAMIC ART, GIFU

「スイスタモ」1969年

失われた地への郷愁

60年代後半に入ると、ブリュックは小さなタイルピースを使い、抽象的な表現に挑戦していきます。会場では、これら後期作品の、ひとつひとつのピースの凹凸が生み出す陰影、鮮やかな釉薬のグラデーションをじっくり御覧ください。
本作品のタイトル、「スイスタモ(Suistamo)」とは、1944年に旧ソ連領となるまで、フィンランドの国土であったラドガ・カレリア地方の地名です。この地には古くからある口伝の詩歌や、伝統的な生活、そして言語体系があり、フィンランドの人びとにとって精神的な故郷のような場所でした。 ブリュックも両親に連れられ、カレリア地方をたびたび訪れていたそうです。

Rut Bryk, “Suistamo”, 1969, TWRB Foundation / EMMA
© KUVASTO, Helsinki & JASPAR, Tokyo, 2018 C2396

Share this article