25 Apr. - 5 Jul. 2020

MUSEUM OF MODERN CERAMIC ART, GIFU

EN

25 Apr. - 5 Jul. 2020 MUSEUM OF MODERN CERAMIC ART, GIFU

18 Jul. - 6 Sep. 2020 KURUME CITY ART MUSEUM

2020 Autumn NIIGATA

「ヴェネチアの宮殿:リアルト橋」1953年

ヴェネチア、ずっと好きだった場所。

Rut Bryk, “Venetian Palace: The Rialto”, 1955, Tapio Wirkkala Rut Bryk  Foundation / EMMA – Espoo Museum of Modern Art
© KUVASTO, Helsinki & JASPAR, Tokyo, 2018 C2396
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

ブリュックは少女の頃からイタリアの美術や建築を愛していました。旅の多い父がフィレンツェやヴェネチアから送る絵葉書を眺めては、その町並みを思い描いていたブリュック。はじめて現地を訪れたのは、36歳の時でした。憧れの地で、ブリュックは一切スケッチなどはせず、ただただ心ゆくまで、全身でその場所を感じていたとか。 この鮮やかなターコイズブルーの作品は、ヴェネチアの建築を象った陶板シリーズ「ヴェネチアの宮殿」のなかのひとつ。リアルト橋は有名な観光名所ですが、ブリュックの心の目がとらえたまばゆい風景が、そのままセラミックの上に映しだされているようです。

Share this article