MUSEUM OF MODERN CERAMIC ART, GIFU

EN

MUSEUM OF MODERN CERAMIC ART, GIFU

THE NIIGATA BANDAIJIMA ART MUSEUM

ルート・ブリュック《春の雲》1981年 
Tapio Wirkkala Rut Bryk Foundation's Collection / EMMA - Espoo Museum of Modern Art
© KUVASTO, Helsinki & JASPAR, Tokyo, 2018 C2396
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

「春の雲」1981年

心待ちにしている季節

長い長い冬が終わると、フィンランドの人々は大きく背伸びをして、待ちこがれた春の訪れを全身で受けとめ、祝福します。

空にぽっかり浮かぶ春の雲を見あげていたら、突然のお天気雨。雲間から雨粒たちがぽろぽろとこぼれ落ち、まだ氷が残る湖面の上で元気に跳ねかえって、冬にしばしのお別れを告げます。

ブリュックは60代半ば。みずみずしく鮮やかな釉薬の表現から、真白なモザイクタイルによる表現へと、セラミックアートの新たな可能性を模索しつつありました。

心のなかで無限にひろがる色彩世界を描くために、ひとつひとつのタイルが織りなす光と影にゆだねていったのです。

Share this article